退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

退職代行は後悔する?|後悔した人の口コミを調査し、原因と対策を解説

退職代行を使って後悔している人、いるのかな?

退職代行を使った後のことを想像すると、不安な気持ちになりますよね。

今回は、不安な気持ちが晴れることを願って記事を書きました。

この記事を読むと、こんなことが分かります。

  • 退職代行を利用して後悔した人の口コミ
  • 退職代行を利用して後悔した原因
  • 退職代行で後悔しないための対策

退職代行は、辛い環境から抜け出す有効な手段。

しかし実際には、退職代行を使うことで後悔している人もいるんです。

でも安心してください。

事前に事例と原因を知り、対策を打つことで後悔する確率を一気に減らせます。

リスクを知れば対策を打てます。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

森山 拓
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修添削も対応いたします

本サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、妻と協力しながら、読者がトラブルに遭わないために心を込めて書いたものです。利用者に直接聞いたり、退職代行に問い合わせたり、情報の信頼性にも こだわっています。記事の無断転載は、お控えください。

目次

退職代行を利用して後悔した人の口コミ・評判

退職代行を利用して、後悔した事例を集めたので紹介します。

退職代行を利用して後悔した人の口コミ・評判
  • 同僚に申し訳ないと感じた
  • 退職代行が有給消化などの交渉をしてくれなかった
  • 会社から本人・親に電話が来た
  • 退職後の書類のやり取りをしてくれなかった
  • 結局自分が会社とやり取りする羽目になった

それぞれ見ていきましょう。 

同僚に申し訳ないと感じた

辞めたことに対する安堵感を感じる反面、申し訳ないと感じる人は多い。

【あわせて読みたい記事】
退職代行を申し訳ないと感じる人に知ってもらいたいこと|利用者の本音も紹介

退職代行が有給消化などの交渉をしてくれなかった

退職代行の種類によっては、有給消化などの交渉ができない。

退職代行が全部やってくれると思ってた。

記事の後半でも解説しますが、以下のように退職代行の種類で、対応できる範囲が違います。

退職代行の種類民間業者の
退職代行
労働組合の
退職代行
弁護士の
退職代行
会社への代行連絡
退職手続サポート
会社との交渉×
裁判での代理人××
料金相場1~5万円3万円5万円+オプション

民間業者にお願いするとトラブルが多いんです。

【あわせて読みたい記事】
退職代行ガーディアンなら有給消化取得100%!

会社から本人・親に電話が来てしまった

退職代行を利用後、本人や親に連絡がくるトラブルが、極まれにある。

これは嫌だな〜。

退職代行を使ったことは誰にも知られたくないのに、親に知られたことは相当なショックですよね。

腹立たしいですが、こういったことをしてくる会社も実際にあります。

【あわせて読みたい記事】
退職代行は親にバレる危険あり!|原因と対策を徹底解説

退職後の書類のやり取りをしてくれなかった

いい加減な退職代行業者だと、必要な書類のやり取りをしてくれないケースがある。

退職代行にとって、退職を受理してもらえればゴール。

そう思っている業者も少なからずいるようです。

そのためか、退職後のアフターフォローが雑で困るという相談をたまに受けています。

退職後に受け取る書類は、再就職で必要なもの。

スムーズに次の生活を始めるため、しっかり対策を打つ必要があります。

結局自分が会社とやり取りする羽目になった

せっかく高いお金を払ったのに、途中から自分がやりとりする羽目になるケースがある。

こちらの方は、荷物を自分で取りに行ったようです。

まともな退職代行に依頼すれば、郵送で対応になります。

退職代行って運ゲーなの?最悪じゃん。

運が悪かっただけではなく、こうなってしまう原因があります。

ここからは、こうした事例が起きた原因を解説します。

原因がわかれば対策を打てるってことです。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行を利用して後悔した原因

退職代行を利用して後悔した原因
  • 自分のことを大切にしていない
  • ネットの情報を鵜呑みにしてしまう
  • 本人や親への連絡に対する抑止力の弱い退職代行を利用している
  • 退職後のフォローが手抜きの退職代行を利用している
  • 退職代行の経験が少ない業者を利用している

1つずつ見ていきましょう。

自分のことを大切にしていない

他人ばかり優先して、自分のことを大切にしていない人が多い。

退職代行を利用するか迷っている人は、無意識に会社のために生きようと思っていることが多いです。

例えば、こんなことを考えてしまいがち。

  • 退職代行を使ったら、同僚はどう思うのか
  • 会社になるべく迷惑がかからない退職代行はどれか

言われてみればそうかもしれない。

考え方のクセですね。

優しく思いやりのあるところは素晴らしい長所です。

ですが時には、その長所が自分を苦しめてしまいます。

人はみんな、周りに迷惑をかけながら生きていくもの。

退職代行を使って迷惑をかけてしまうと不安なら、その分、この先に困っている人と出会ったら助けてあげてください。

それで、プラスマイナスゼロにできます。

【あわせて読みたい記事】
退職代行はクズなの?|知恵袋の意見を一挙にまとめました
退職代行を利用したら恨まれる?|具体的な対策も解説

ネット情報を鵜呑みにしてしまう

ネット情報は、退職代行に忖度したものが多いので鵜呑みにしてはいけない。

退職代行を紹介する記事では、契約してもらうためにメリットばかりをアピールしています。

騙されないか不安だよ。例えばどんな言葉に注意したらいいのかな。

勘違いしやすい以下2つの記載を解説します。

  • 退職成功率100%
  • 弁護士「監修」

退職成功率が100%でも、トラブルが0%ということではありません。

実際にトラブルは複数あって、それを公表していないだけ。

トラブルリスクの低い退職代行を選ぶことが大事です。

また、特に騙されやすいのが、弁護士「監修」という言葉。

弁護士がいたら安心でしょ?

弁護士「監修」の退職代行は、おすすめしていない「民間業者」に該当します。

弁護士監修とは、民間業者が権利を超えて業務をしないようにチェックしているだけ。

弁護士監修の民間業者は「会社との交渉ができない」ので、場合によってはあなたが会社とやり取りする可能性があります。

そうなんだね。知っておいてよかった。

良いことばかり書いてある記事は、少し疑うくらいがちょうど良いです。

【あわせて読みたい記事】
退職代行が抱える5つの闇

本人や親への連絡に対する抑止力の弱い退職代行を利用している

民間業者の退職代行は本人・親への連絡を抑制する力が弱いです。

民間業者は「本人や親に連絡しないでほしい」と伝えるだけで、会社側は従う義務はありません。

そのため、会社側から無視され、直接連絡がいってしまう可能性が高くなります。

これだけは絶対避けたいよね・・・。

反対に、労働組合、弁護士法人が運営する退職代行は抑止力が強い

長くなるので詳細は割愛しますが、以下の通りです。

  • 労働組合:労働組合が持つweb街宣活動の権利を会社側に周知し、連絡を抑止する
  • 弁護士法人:本人や親への連絡は脅迫罪等に該当することを示唆し、連絡を抑止する

法律の話をされたら、会社側から圧をかけられることは無さそうだね。

民間業者と比べると、抑止力が大きく違います。

退職後のフォローが手抜きの退職代行を利用している

退職後のフォローをしっかりしていないところに依頼すると、後悔の原因になる。

アフターフォローってどんなことをしてくれるの?

退職決定後も、下記のような手続きを代行することにはなっています。

  • 退職後の書類送付(離職票、源泉徴収書など)の依頼
  • 荷物の郵送依頼
  • 未払い給与の請求依頼

ただし、業者によってはアフターフォローをしない場合も。

大事なことばっかりじゃん。手抜きしないで責任持ってやってほしいよ・・・。

退職代行としても、アフターフォローは費用対効果が悪い業務範囲なので手抜きが多いんです。

退職代行の経験が少ない業者を利用している

退職代行の経験が少ないとトラブルの原因になる。

弁護士がいる退職代行業者ならさすがに大丈夫でしょ。

それが、そうとも限りません。


以前、弁護士法人が、FAX一通で退職連絡を済ませたせいで、会社が気付かず本人に電話が行ってしまう事例がありました。

本人に話を聞いたところ、地域の弁護士事務所に依頼したとのこと。

弁護士法人でも、退職代行の経験が少ないと、ノウハウがなくてトラブルになることも。

退職代行の経験値は、どうやって見極めたらいいの?

以下の2点を確認しましょう。

  • 設立年度
  • 退職代行に力を入れているか

また、退職代行に力を入れているようならば、対応事例数も多く、安心できるでしょう。

どこの退職代行を使えばいいか、分からなくなってきたよ。

ここからは、後悔しないためにどうしたらいいかについて説明します。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行で後悔しないための対策

退職代行で後悔しないための対策
  • 弁護士か労働組合が運営する退職代行を利用する
  • 退職代行の実績があるところを利用する
  • 本人や親への電話に対する抑止力の強い退職代行を利用する
  • アフターフォローをしっかりしてくれる退職代行を利用する

これらの条件を満たす退職代行に依頼することが重要。

条件を満たす弁護士法人・労働組合を1社ずつ紹介します。

後悔しない退職代行①弁護士法人みやび

料金が高くても、とにかく弁護士にお願いしたい人におすすめ:弁護士法人みやび

参照元:弁護士法人みやび退職代行HP
社名弁護士法人みやび
退職代行の種類弁護士法人
実績退職代行に力を入れている
設立年度2009年
本人や親への連絡抑止法律による抑止可能
アフターフォロー確認中
料金相場55,000円+オプション
おすすめ度安心したい人向け

弁護士法人みやびさんは、その名の通り弁護士が退職代行してくれます。

退職代行にも力を入れていて、2009年設立なので、実績も十分。

ただ、基本料金は5万5千円ですが、オプション費用が回収の20%と高い。

例えば、有給20日+退職金100万でた場合

5万5千円+(1万円×20日+100万円)×20%で約30万円抜かれてしまいます。

そのため、弁護士さんに依頼する場合は、以下の条件の人かなと思います。

  • お金は出すので、とにかく安心したい
  • 公務員である(弁護士しか対応できない)
  • 業務委託契約の契約解消をしたい(弁護士しか対応できない)

【あわせて読みたい記事】
弁護士法人みやびの評判・口コミ|メリット・デメリットも解説

後悔しない退職代行②退職代行ガーディアン

信頼性が高く、料金も抑えられている:労働組合運営の「退職代行ガーディアン」

参照元:退職代行ガーディアンHP
社名退職代行ガーディアン
退職代行の種類労働組合
実績退職代行に力を入れている
設立年度1999年
本人や親への連絡抑止Web街宣活動の周知による抑止
アフターフォロー3か月フォロー
料金相場29,800円
おすすめ度筆者おすすめ

一番おすすめしたいのは、労働組合が運営する退職代行ガーディアン

理由は、以下の通り。

  • 信頼性:非営利団体であり、依頼者を救済する目的で活動している
  • 経験:1999年から活動しており、労働組合法を熟知している
  • トラブル抑止力:東京労働経済組合が運営しているため、会社との交渉が有利
  • 料金:29,800円であり、弁護士に対して抑えめ

他の労働組合と比較しても、信頼性・経験・トラブル抑止力においてレベルが高いです。

大きな特徴は、1999年から活動している労働組合である点。

他の労働組合による退職代行は、設立から浅いため、労働法についての理解や社員への教育が十分でないと予想されます。

また、退職代行ガーディアンは労働組合という非営利団体であるため、3か月間アフターフォローいただけるルールになっています。

そのため、追加料金もなく書類手続きが完了するまでフォローしてくれます。

労働者を救済する目的で活動しているため、労働者を不安にさせないようにしていますね。

対して民間の退職代行では、追加料金無しでアフターフォローをする記載があったにも関わらず、実際には追加料金を取られたケースもあります。

また、弁護士法人を利用した方の口コミを見ると、アフターフォローが雑であることが見受けられました。

【あわせて読みたい記事】
退職代行ガーディアン(東京労働経済組合)の評判・口コミ|メリット・デメリットも解説

ここまで、リスクの話ばかりしてきました。

でも退職代行を利用すると、退職時のストレスを減らせることも忘れてはなりません。

利用してよかったよ!という人の口コミを紹介します。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行を利用して後悔しなかった人の口コミ・評判

退職代行を使ってよかった人の口コミを、Twitterから一部抜粋します。

この方も退職代行を使う前は不安があったようですが、利用して良かったと感じておられます。

もっと早く退職代行を利用すれば良かったことと、行動の大切さを発信されています。

パートさんでも退職代行を使えることが分かりますね。

ツイートを調べるとわかりますが、退職代行を使って後悔した人より、使って良かったと感じている人の方が圧倒的に多いです。

次に、退職代行を利用すればよかったと後悔している人の口コミも見てみましょう。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行を利用すればよかったと後悔している人の口コミ・評判

辞めたくても辞められない現状にあり、最初から退職代行を使えばよかったと後悔している人が多いです。

この方も自分のタイミングで辞められず、退職代行を使えば良かったと後悔しています。

退職するまでの過程が一番辛そうだね。辞めるのに苦労しそうなら、最初から退職代行を使った方が良さそう・・・。

その通り。辞めることを伝えた日から退職できるまでが、一番気まずくて苦痛な時間です。

退職の意思を自分で伝えるとしても、退職代行を使うとしても、どちらにせよ苦痛な瞬間はあります。

ですが、退職代行を使えば、苦痛な瞬間は短くて済むんです。

どうせ苦痛なら、退職代行を使って辛い時間を短くし、残りの時間を楽しく過ごす方がお得だと思いませんか?

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

まとめ

この記事のまとめ
  • 退職代行のサービスに満足できなくて、後悔する。
  • ネットの情報を鵜呑みにすると、後悔する。
  • 弁護士か労働組合が運営する退職代行を利用する。
  • 本人や親への電話に対する抑止力の強い退職代行を利用する。
  • アフターフォローをしっかりしてくれる退職代行を利用する。

未来は分からないので、後悔しないか不安になるのは当然のこと。

ですが原因を知って対策を打つことで、後悔するリスクは抑えられます。

しっかり調査しているあなたなら、きっとリスクを回避できるはずです。

もし不安な気持ちが消えない場合は、退職代行の無料相談をしてみてください。

相談してみて、合わないと思えばまた考えればいいのです。

ゆっくり、自分のペースで進めていきましょう。

この記事を読んだ人が、少しでも明るい未来が想像できれば嬉しいです。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次