退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

退職代行は怒られる!?|上司がキレるのは不可避な理由と対策を徹底解説

退職代行使いたいけど、上司に怒られるかなぁ?

そんな心配を解決します。

この記事を読むと分かること

  • 退職代行を使うと上司に怒られるのか?
  • 上司が怒るのはしょうがない理由 
  • 退職代行なら、上司と会わずに辞められる
  • 上司が怒ることへの対策

退職代行を使いたいけど、上司に怒られるのが嫌で、踏み切れない人は多いです。

でも、上司が怒るのを回避するのは難しい。

だから、怒る前提で対策を考える方が建設的なんです。

退職代行を使えば、上司と会わずに辞められるので、怒っていても関係ないんですけどね。

上司が怒る理由を知れば、あなたも諦めがつき、今より楽になれるでしょう。

怒られるのを最小限にする対策も、最後に紹介しています。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

森山 拓
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修添削も対応いたします

本サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、妻と協力しながら、読者がトラブルに遭わないために心を込めて書いたものです。利用者に直接聞いたり、退職代行に問い合わせたり、情報の信頼性にも こだわっています。記事の無断転載は、お控えください。

目次

退職代行を使うと上司に怒られるのか?

yahoo知恵袋とtwitterで、実例を調査しました。

退職代行を使われた上司が怒った事例-yahoo知恵袋-

退職代行を使った部下が許せず、怒り心頭。

損害賠償を請求したい、とまで言っている書き込みです。

退職代行を使った部下に損害賠償を請求することは可能ですか? 先日部下が無断欠勤しました。(中略)その翌日会社に退職代行業者を名乗る人から退職するとの連絡と退職に必要な書類(離職票など)を送るように連絡が来ました。 (中略)この部下が無断欠勤した上に勝手に退職代行を使って一方的に辞めたことで、多くの損害が発生しています。 この部下に対して損害賠償を請求することは可能でしょうか? 絶対に許せません。

引用元:退職代行を使った部下に損害賠償を請求することは可能ですか? – 先日部下が無断… – Yahoo!知恵袋

めちゃ怒ってるー。損害賠償って大丈夫なの!?

一般社員が、実際に損害賠償を請求されることは、ほぼあり得ません。

理由は以下の通り。

  • そもそも、損害賠償請求できるケースに該当していない
  • 訴訟による費用・時間は回収金額と見合わない
  • 退職代行を使うことを理由に損害賠償請求はできない

私が相談を受けた中で、損害賠償請求に至ったケースは一度もありません。

うーん、ほんとに大丈夫かなぁ??

損害賠償を請求されるのは、例えば以下のような場合。

  • 法律違反のような、社会的な問題行為をした
  • 無断欠勤で、会社に損害を与えた
  • 会社を辞めることで、大きな商談が破綻になる

つまり、社会的にやばいことをしているか、会社でとても権力を持っている場合、リスクがあるというレベル。

ただ、怒った上司が、損害賠償を話に出して脅してくることは、時々あるのも事実。

そんな時は退職代行が、損害賠償請求に該当してないこと、請求しても労力の無駄であることを諭してくれます。

ちなみに、退職代行を使った場合は、届け出ての休みになるので、無断欠勤にはなりません。

知恵袋のケースは無断欠勤となっており、怪しい代行業者にお願いした可能性があります。

退職代行自体は、ルールにのっとった退職を進めてくれるだけ。

退職代行を利用したことで、損害賠償を請求されることはありません。

むしろ、自分で退職届を出してバックレ(無断欠勤)したほうが、損害賠償のリスクが高いので注意してください。

退職代行を使わたれた側の意見は、別記事「退職代行を使われた側の体験談に関する知恵袋まとめ」でまとめています。

退職代行 使われた事例 twitter

退職代行を使われたりすると、怒って卑怯だと言ってくる上司。

怒った上司は、退職代行を使われた原因なんて考えられないんでしょうね。

退職代行って卑怯なのかな、と不安な人は別記事「退職代行は卑怯・くずなの?」が参考になりますよ。

こんな風に怒る上司がいるのは、しょうがないことなんです。

次で、上司が怒るのはしょうがないから、相手にしなくていい理由を解説しています。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

上司が怒るのはしょうがない理由

退職代行を使うと上司がキレるのはしょうがない理由
  • 部下に退職代行を使われたショック
  • 退職代行なんて失礼という価値観
  • 上司の評価が下がる
  • 退職そのものがNG
  • 部下よりもプロジェクトや自分が大事
  • どんなやり方で退職しても怒る
  • 相手の気持ちを汲めない人が多い
  • 仕事の予定が狂った

解説していきます。

部下に退職代行を使われたショック

ショックを受けると、冷静な判断ができないので、仕方ないんです。

「良くしてやったのに」

「相談もせずに何で」

「恩を仇で返された」

そんな風に感じた上司のプライドは傷つけられ、怒ってしまうんです。

退職代行なんて失礼という価値観

退職代行は失礼だと思っていると、怒っちゃいます。

特に年配であるほど、退職代行に馴染みがないので否定的な人が多いんですよね。

自分で辞めると言えない状況だなんて、想像もつかないんです。

確かに、別記事「退職代行は失礼なことです。でも、一番失礼なのは会社側である理由。」で解説していますが、失礼ではありますけど。

上司の評価が下がる

上司の評価が下がることを心配して、怒ることも多いです。

実際、退職代行を使うと、以下のように上司の評価が下がります。

  • コミュニケーション力の欠如
  • 部下の管理能力の欠如
  • 部下を退職に追い込んだ
  • 何かしらの問題を抱えている上司認定

本当は自業自得なのですが、それにも気づかず怒ってしまうんです。

退職そのものがNG

退職そのものがNGという昔ながらの価値観も、上司がキレる理由。 

昔は、就職したら一生おなじ会社に勤めるのが、当然でした。

なので、中途退職するだけで怒ってしまうんです。

部下よりもプロジェクトや自分が大事

部下よりも、辞めた後の仕事を心配して、怒る上司もいます。

  • プロジェクトに響くから辞められたら困る
  • 自分の仕事が増える

どんなやり方で退職しても怒る

どんなやり方で退職しても、怒る人はいます。

もはや、手の打ちようなし。

相手の気持ちを汲めない人が多い

退職代行にキレる上司は、相手の気持ちを考えられないことが多いです。

そもそも、相手の気持ちを汲める上司なら、退職代行を使うほど追い込まれないはず。

仕事の予定が狂った

急に人が欠けると、予定が大幅に狂うこともあるでしょう。

迷惑をかけるなら、怒られても仕方ないよね

ここまで、退職代行で上司がキレるのはしょうがない理由を見てきました。

結局のところ、上司は自分の不利益を嘆いているだけ。

こちら側の気持ちを考えているわけではありません。

でも退職代行なら、そんな上司と会うことなく退職可能です。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行なら、上司と会わずに辞められる

退職代行なら、上司と会わずに辞められる
  • 退職代行が連絡窓口になる
  • 退職代行が本人への連絡をしないように伝えてくれる

解説していきます。

退職代行が連絡窓口になる

上司や会社とのやり取りは、退職代行がすべて応対してくれます。

退職代行にLINEで連絡をとり、それを退職代行が会社に伝える。

なので、上司がもし怒っていたとしても、直接怒られることはありません。

荷物も郵送で完結するので、会社に行かずに済みます。

退職代行が本人への連絡をしないように伝えてくれる

退職代行にお願いすれば、「本人に連絡をしないで」と伝えてくれます。

直接連絡が来なければ、上司が怒ったとしても、知らずに済みます。

退職代行を利用すれば、直接怒られずに済むことを解説をしました。

しかし、かなりのレアケースですが、直接怒られることもあります。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行を使って上司に直接怒られるケース

退職代行を使って上司に直接怒られるケース
  • ありえないくらいおかしな上司だった
  • 退職代行の業者選びで失敗した

解説していきます。

ありえないくらいおかしな上司だった

全てを無視して、危害を加えてくる上司のようです。

ここまでの人は、めったにいません。

でも、もしもあなたの上司がキチガイみたいな人ならば、そのことを退職代行に相談しましょう。

対策を事前に練っておくと、リスクを抑えられます。

リスクの高い案件には、優秀な社員を担当にするはず。

そもそも、ここまでやばい上司であるならば、自力で退職するのは無理かもしれません。

むしろ、退職代行という、常識を持った人に協力してもらうことが必須に思います。

退職代行の業者選びで失敗した

退職代行の業者選びで失敗すると、上司にが直接本人に電話をしてしまうリスクが上がります。

なぜなら、退職代行の種類によって業務の幅が違うからです。

もし、「退職代行の種類」について、すぐわからなかった人はトラブルリスクが高いので、こちらの記事を読んでおいてください。
退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!

直接怒られるのは絶対に避けたいなぁ。対策はないの?

では次に、対策について解説します。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

上司が怒ることへの対策

上司が怒ることへの対策
  • 退職代行に入れてもらう電話先を選ぶ
  • 会社から本人や親への連絡の抑止力が強い退職代行を選ぶ

解説していきます。

退職代行に入れてもらう電話先を選ぶ

問題のある上司以外の人に、退職を伝えてもらうよう、退職代行にお願いしましょう。

偉い人や人事担当などの中で、冷静に話を聞いてくれそうな人を探してみるといいです。

まともに会話ができる人に連絡してもらった方が、トラブルを回避しやすいです。

会社から本人や親への連絡の抑止力が強い退職代行を選ぶ

本人や親への連絡の抑止力の高い退職代行を選ぶことが、重要です。

退職代行から会社に対して「本人や親に連絡しないでくれ」と伝えることは可能。

でも、退職代行の種類によって、抑止力の強さが違うんです。

ここを説明している記事はとても少ないです。

以下が、連絡の抑止力の違いです。

民間業者こちらの意向を伝えてはくれるが、会社側に従う義務はない
退職代行のための
労働組合
法的にグレーなので、注意喚起は無視される可能性あり
法適合の
労働組合
web街宣活動の権利を持つことを示し、トラブルを抑止する
弁護士法人法律違反の可能性があることを示し、トラブルを抑止する

法適合の労働組合、弁護士法人の退職代行を選びましょう。

おすすめの退職代行業者を下記で解説しています。
退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

まとめ

この記事のまとめ
  • 上司がキレるのはしょうがない
  • 退職代行を使えば、直接怒られずに済む
  • 穏便に退職するため、トラブル抑制力の強い退職代行を選ぶ

退職代行を迷っている人は、辛い思いをしている人が多いです。

そんな状態だと、いつも以上に怒られるかも、と気になっているかもしれません。 

ですが、おびえて神経すり減らすより、1歩踏み出してみてほしい。

上司が怒ったって、退職代行を使えば直接怒られることはない。

それに、退職したら赤の他人だから関係ありません。

そのあとは、きっと今よりも良い未来が待っています。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次