退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

退職代行が抱える5つの闇|みんなが忖度(そんたく)して公開しない情報を提供します

退職代行って悪い評判を聞かないんだけど、本当?

こんな疑問に回答します。

この記事を読むと分かること

  • 退職代行が抱える5つの闇
  • 退職代行の悪い評判が表に出てこない理由
  • トラブルなく退職するためのテクニック

退職代行は、仕事が辛くてやめたいのに辞められない人が頼るサービス。

ワラにもすがる思いで依頼した退職代行でトラブルが起きたら。

想像もしたくないですよね。

退職代行は、比較的新しいサービス。

そして、問題を抱えた退職をフォローすることが多い。

だからこそ、数は少ないもののトラブルが起きることもあります。

今回、退職代行が抱える闇を、忖度(そんたく)抜きで解説します。

新しいサービスを利用するときは、デメリットを十分に知ることが重要。

この記事を読んで、無用なトラブルを回避してください。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

森山 拓
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修添削も対応いたします

本サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、妻と協力しながら、読者がトラブルに遭わないために心を込めて書いたものです。利用者に直接聞いたり、退職代行に問い合わせたり、情報の信頼性にも こだわっています。記事の無断転載は、お控えください。

目次

退職代行が抱える5つの闇

退職代行が抱える6つの闇
  1. 弁護士「監修」は、弁護士が対応するわけではない
  2. 退職代行成功率100%は、トラブルなし0%ではない
  3. 担当者が利用者に対して「暴言」を吐く業者がある
  4. グレーゾーンと不安視される労働組合の退職代行がある
  5. 新規業者は高リスク

それぞれ解説します。

読んだら、引いてしまうかもしれません。でも、最後にちゃんと辞めるための方法も記載しているので、安心してください。

退職代行の闇①:弁護士「監修」は、弁護士が対応するわけではない

一部の退職代行のホームページに記載されている「弁護士監修」に、騙されないようにしてください。

弁護士がやってくるなら、いいじゃん。信頼できそう。

そう、弁護士があなたの退職代行をしてくれると勘違いする人がいます。

「監修」とは、退職代行が違法な範囲まで業務をやらないように監督するだけ。

弁護士はあなたの退職に対応しません。

退職代行は種類によって可能な業務範囲が違います。

下記にまとめました。

退職代行の種類民間業者労働組合弁護士法人
代表的な会社ニコイチガーディアンみやび
会社への代行連絡
退職手続きサポート
会社との交渉違法

特に注意してもらいたいのは、民間業者。

民間業者は、以下のような内容を会社と交渉する権利がありません。

  • 有休消化についての交渉
  • 退職日についての交渉

そのため、会社側が民間業者との対応を拒否した場合、最悪自分で交渉しなければなりません。

なにそれ、退職代行の意味がないじゃん

そういうことです。

依頼するなら、「労働組合」か「弁護士法人」にしましょう。

退職代行業者の選び方はこちらの記事を参考にしてください。
退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!

弁護士「監修」って、嘘じゃないんですけど。

あえて勘違いさせる意図もあるのかなって疑っちゃいます。

ネット記事でさえ、間違えているところがあるので注意してくださいね。

退職代行のグレーゾーンについては、別記事「退職代行ってグレーなの?|一目でわかる表も掲載。」で解説しています。

退職代行の闇②:退職代行成功率100%は、トラブルなし0%ではない

一部の退職代行のホームページに「退職代行成功率100%」を記載しているところがあります。

めっちゃいいことじゃん。嘘なの?

ウソではないと思います。

退職は、労働者が持っている権利。

権利は、法律で守られているので退職できて当たり前なんです。

退職成功100%と聞くと、トラブルなく退職できた印象を受けますよね。

でも実際には、信頼度の低い退職代行に依頼してしまうとトラブルに巻き込まれることも。

  • 本人や親に会社から電話がかかってくる
  • 急ぎで対応してほしいなら追加料金を支払えと言ってきた
  • 途中で退職代行業者が投げ出したため、自分で対応せざるを得なくなった

どこの退職代行を利用するかは、とても大事です。

まじ、やばい。親に電話とか困るし。

一番起こりうるトラブルとして、本人や親に会社から電話がかかってくることがあるのですが、対策を記事にまとめています。

不安な人は読んでおいてください。
退職代行は親にバレる危険あり!|原因と対策を徹底解説

退職代行の闇③:担当者が利用者に対して「暴言」を吐く業者がある

たとえば、下記ツイートがあります。

まじか。。。

もちろん、社員全員がこんな風だとは思いません。

ただ、退職代行Jobsさんは設立からの年数も少なく、社内教育が行き届いていない印象。

他にもトラブルの多い業者もありますが、いろいろ書きすぎて私がトラブルに遭ったので、ブログで書けなくなりました。

退職代行の闇④:グレーゾーンと不安視される労働組合の退職代行がある

労働組合は、労働組合法に基づく権利を行使して会社と交渉可能です。

ただし、この労働組合の中でも「法適合」と「グレー」が存在。

「退職代行をするため」に立ち上げた労働組合はグレーではないかと議論されています。

グレー?大丈夫なの?

現状は問題ありませんし、利用者に不利益になることはないでしょう。

ただ、今後は規制されていく可能性は十分あります。

グレーの労働組合が存在する原因を解説しますね。

労働組合による退職代行は、下記の表のとおり「料金を抑えて業務範囲が広い」特徴があります。

退職代行の種類民間業者労働組合弁護士法人
会社への代行連絡
退職手続きサポート
会社との交渉違法
料金1-3万円2-3万円10万円前後

そのため、新たに労働組合を立ち上げて退職代行ビジネスをやろうとする人が出てくるわけです。

えっ、大丈夫なの?

新しく労働組合を立ち上げて、退職代行を始められるんです。

法律の部分なので、はっきりとした言及はできません。

以下は、個人的な意見として受け止めてください。

  • 新たにできた労働組合型の退職代行の多くは、グレー
  • 退職代行以外の業務はほとんど活動していないのでは?

組合が退職代行をやるためには、「労働組合法」を正しく使うための実践経験が重要です。

労働組合法はとても複雑であるため、新規参入で簡単に使えるものではありません。

退職代行の闇⑤:新規業者は高リスク

私のサイトに名前が上がらないような新規業者は、リスクが高い場合が多いです。

正直言って、退職代行は儲かるんだと思います。

理由は、新規参入業者が今も多いから。

儲かるところには、必ず新規参入者が来ます。

新規参入の場合、どうしても法律や退職に関する知識が不足する。

さらには、社員の教育を十分できるとは思えません。

そのため、サービスの質にばらつきが出ると考えられます。

個人で退職代行を請け負っているところは、もっとヤバいので避けましょう。

さすがに、引いた。。。退職代行もう駄目じゃない?

数は少ないですが、おすすめできる退職代行もあります。

実は、怪しい業者さんでも、退職がスムーズにいくことがほとんど。

理由は以下の通り。

  • 退職は、労働者側の権利だから会社は拒否できない
  • 退職代行を使った時点で、会社はあきらめることが多い

実際に、元退職代行の人も「とんでもない会社の割合は意外と低く、親身に退職の手続きを進めたり理由を聞きたがる会社様も多かった」とのこと。

ただ、確率は低くても、トラブルのリスクを下げる、トラブルが起きても対応できるところにお願いするべき。

私はそう考えています。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

著者がオススメする退職代行2選

著者がオススメする退職代行2選
  • 退職代行ガーディアン(労働組合)
  • 弁護士法人みやび(弁護士)

私は特に「退職代行ガーディアン」を推奨。

それぞれオススメする理由を解説します。

退職代行ガーディアン

参照元:退職代行ガーディアンHP

ガーディアンは、1999年に設立された東京労働経済組合(TRK)が運営する退職代行。

365日・全国対応・一律29,800円(追加料金なし・3か月間アフターフォロー付き)のサービスを提供しています。

新規に立ち上げた労働組合と異なり、実績がある「法適合」の労働組合です。

公式HPはこちら→ 東京労働経済組合(TRK) HP

東京労働経済組合はこれまでに、パワハラ・リストラ・不当解雇・賃金問題など多くの労働問題の解決のため、活動を続けています。

こうした活動の一つとして、退職代行に取り組んでいる。

そのため、信頼と実績が退職代行業者の中で、ずば抜けています。

退職代行ガーディアンの特徴や評判などを知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。
退職代行ガーディアン(東京労働経済組合)の評判・口コミ|メリット・デメリットも解説

【あわせて読みたい記事】
退職代行ガーディアンの体験談|準備から当日の流れを利用者に書いていただきました。

\1999年設立の法適合の労働組合運営/

/当サイトは、ガーディアン以外ほとんど推奨していません\

弁護士法人みやび

弁護士法人みやびは、退職代行をはじめとする弁護士業務を請け負っています。

確かに、他の弁護士さんにお願いすることも可能ですが、みやびさんは退職代行に力を入れている。

そのため、実績数があり、ノウハウ十分です。

ただし、料金が高いんです。

基本料金は5万5千円ですが、オプション費用が回収の20%。

例えば、有給20日+退職金100万でた場合

5万5千円+(1万円×20日+100万円)×20%で約30万円抜かれてしまいます。

どちらに依頼するか悩み人は、判断するための情報を整理しています。
退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?徹底比較しました

\安心したい!という方向け/

どちらかに依頼しておけば、間違いはないでしょう。

ただし、いくら信頼性の高い退職代行に依頼しても、トラブルリスクがゼロになるわけではありません。

えええっ。。

世の中に、リスクのない選択はありません。

  • 会社側がありえないくらいのキチガイ
  • 退職代行で外れの担当に当たった
  • 想定外の何かが起きる

そこで、可能な限りトラブルリスクを下げるテクニックをお伝えします。

\1999年設立の法適合の労働組合運営/

/当サイトは、ガーディアン以外ほとんど推奨していません\

退職代行でトラブルなく退職するためのテクニック

退職代行でトラブルなく退職するためのテテクニック
  • トラブルリスクはすべて退職代行に伝える
  • 会社から本人や親に連絡が行かないように圧力をかけてもらう

それぞれ解説します。

トラブルリスクはすべて退職代行に伝える

トラブルリスクを伝えることで、以下のメリットが期待できます。

  • 退職代行が事前に対応策を準備できる
  • 優秀な担当をつけてもらえる確率が上がる

退職代行業者だって、トラブルが起きては困るわけです。

事前にリスクを把握できれば、対策を打つし、対応能力の高い人に案件を任す。

そのため、例えば以下の場合は伝えておきましょう。

  • 会社が制度無視のブラック企業
  • 上司の人間性がやばい
  • 退職時のトラブルが多い

退職代行に相談しておくと、自分の気持ちも落ち着きます。

会社から本人や親に連絡が行かないように圧力をかけてもらう

退職代行に「会社から本人や親に連絡が行かないよう強く伝えてください」と言っておきましょう。

退職代行は、以下の権利を駆使して会社に圧力をかけられます。

  • 民間業者:権利なし
  • 労働組合:Web街宣活動を示唆
  • 弁護士:脅迫罪、強要罪を示唆

※「Web街宣活動」とは、労働組合のHPやSNSなどで事件概要や電話録音、メール履歴などを公開し社会に発信すること。

人は、自分にデメリットがあることはしません。

ただ、自分にデメリットがあることを会社側に知らせることが必須。

必ず、退職代行にお願いしておきましょう。

\1999年設立の法適合の労働組合運営/

/当サイトは、ガーディアン以外ほとんど推奨していません\

まとめ

この記事のまとめ
  • 退職代行には闇の部分がある
  • 退職代行にもトラブル事例はある
  • ネット記事などは、退職代行に忖度(そんたく)している場合が多い
  • トラブルリスクはすべて退職代行に伝えておくとよい

退職代行は比較的新しいサービスのため、正確な情報を集めるのが難しい。

ですが、メンタルが辛かったり、自力で有休消化できない場合などに有効な手段です。

きちんとした知識の元、利用してみてください。

この記事が、トラブルなく次の生活に進む手助けになったら、うれしいです。

\1999年設立の法適合の労働組合運営/

/当サイトは、ガーディアン以外ほとんど推奨していません\

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次