退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

退職代行利用後に会社から電話がかかってきたら着信拒否しちゃダメ

仕事が辛すぎて辞めたい。
退職代行使いたいけど、上司から鬼電とか来るのかな。

こんな悩みを解決します。

この記事を読むと、こんなことがわかります。

  1. 会社から電話がきたらどう対応するべきか
  2. 会社から電話が来ないようにする方法

退職代行に依頼した場合、会社から電話がかかってくることは、ほとんどありません。

ですが、稀に会社から電話がかかってくることがあります。

そのとき、着信拒否すると「親に連絡がいく」可能性が上がってしまうのでやめましょう。

トラブルなく退職を進めたいですよね。
対処法も解説しますので、ぜひ活用してください。

関連記事

退職代行に依頼するときは、トラブルのリスクを下げるため業者選びが大切です。

こちらの記事を活用してください。

退職代行は怪しい会社が多い・ネットは会社に忖度している情報ばかり|本音で解説します!

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

森山 拓
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修添削も対応いたします

本サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、妻と協力しながら、読者がトラブルに遭わないために心を込めて書いたものです。利用者に直接聞いたり、退職代行に問い合わせたり、情報の信頼性にも こだわっています。記事の無断転載は、お控えください。

動画でも解説しています。

目次

【結論】退職代行利用後に会社から電話がかかってきたら着信拒否しちゃダメ

まとめ

先に、結論をお伝えします。

  • 会社からの電話を着信拒否すると、親に連絡が行く可能性があるのでやってはダメ。
  • 会社から電話が来たら、次の3stepが正解
    step.1:着信は切らずに放置
    step.2:すぐに退職代行に伝える
    step.3:退職代行から会社に連絡してもらう

本人が連絡を取る気がないと判断されると、親に連絡されるリスクがあります。早急に「退職代行を通して連絡した方がいい」と認識させることが重要です。

退職代行を使うと会社から電話がかかってくる可能性が低い理由

会社から電話がかかってくる可能性は低い

まず退職代行に依頼した場合、ほとんどのケースで会社から電話がかかってこないことは知っておきましょう。

理由は下記の通りです。

  • 退職代行から会社に対し、本人への連絡をしないよう通達するから
  • 仕事で忙しいから
  • 引き止めても無駄だから
  • 無理に引き止めると悪評が立つから

退職代行から会社に対し、本人への連絡をしないよう通達する

法的拘束力はないものの、退職代行から会社に対し、本人へ連絡するなと通達します。

普通の会社は、指示があれば従います

そもそも退職代行サービスとは、トラブルなく退職を進めるためのサービスです。

ゆえに、たびたび会社から連絡が入るようなトラブルがあるなら、ビジネスとして成立していません。

また、トラブルを回避するためのノウハウを多く持っています。

普通の会社であれば、退職代行からの通達に従います。

仕事で忙しいから

連絡がつかない相手に、延々と電話をするのは時間がかかります。

そんな暇な仕事をしている人は多くないでしょう。

引き止めても無駄だから

もしも、退職代行を使われたらどう思うでしょうか?

退職代行に依頼するほど辞めたいのか」
と考えるのが自然です。

直接に退職を伝えるよりも、退職の意志が強いことが伝わります。

さらに、退職代行を使った人が、もう一度同じ職場で働くイメージが全くわかないですよね。

引き止めても無駄だと多くの人が理解します。

無理に引き止めると悪評がたつから

無理に引き止めると、引き止めた人・引き止めた会社は悪評がたちます。

特に「無理に引き止める人」は、社内でもそういう人として認定されるため、不利な行為です。

世の中は、自分を大事にする人が多いです。

自分にとって利益のない行動(退職代行後の引き止め)をする人は少ないでしょう。

無理に引き止めると訴えられる可能性があるから

退職は、労働者の権利です。

労働者は原則として「2週間前」に退職の意思を告げることにより、退職することが認められています

(民法第627条1項)

そのため、無理な引き止めはやり方によっては、違法な行為として取り扱われます。

基本的には穏便に退職が進むのですが、まれに会社から電話がかかってくることもありますので解説していきます。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

なぜ会社から電話がかかってくるのか|退職代行された側の気持ちを考える

なぜ会社から電話がかかってくるのか

退職代行から電話連絡がきたら、どうなるか。

うーん、そんな経験ないからよくわからないな。

退職代行の連絡を初めて受ける人がほとんどなので、びっくりしてしまうことも多いんですよね。
どういったケースがあるか解説しますね。

退職代行から電話がきたら、下記パターンが想定されます。

  • 驚き:退職代行か、まじか。。。。
  • 不安:退職代行って本当なの?本人に確認取りたいんだけど
  • 心配:退職代行使わせちゃったか、かなり追い詰めちゃったな
  • 軽蔑:退職代行なんて甘えだ。クズだな。
  • 怒り:退職代行なんてあり得ない!けしからん!
  • 焦り:おいおい、人手不足で回らない。あのデータどこにあるんだ!
  • 反発:退職代行なんて認めない!
  • 謎:え?なんで今日会社バックレてるの?

退職代行は、上司あるいは、人事権を持っている人へ連絡が行きます。
対象の人がどれに当てはまりそうか考えながら読んでみましょう。

退職代行された側 |驚き:退職代行か、まじか。。。

一番多い反応かと思います。

このケースは退職代行とやり取りがスムーズに進むため、会社から電話がかかってくることはないでしょう。

まさか自分の部下が退職代行を使うとは、と思われることは悲しいです。

ですが退職代行を使ったあとは、会社とのつながりを絶って次に進みましょう。

退職代行された側|不安:退職代行って本当なの?本人に確認取りたいんだけど

退職代行の社名を答えられる人は、ほとんどいません。

そのため、退職代行から電話がかかってきても、実在する会社なのか判断できず不安になる人も多いはず。

退職代行側から適切な説明があれば問題ありませんが、状況によっては本人へ電話を掛けるひともいるでしょう。

こうしたケースは、後半で解説する対策を打てば、会社からの電話を回避できます。

退職代行された側| 心配:退職代行使わせちゃったか、かなり追い詰めちゃったな

退職代行を使うことで、はじめて追い詰めてしまったことを自覚する人もいると思います。

このケースも、会社から電話がかかってくることはないでしょう。

退職代行された側| 軽蔑:退職代行なんて甘えだ。クズだな。

退職代行に反対する人が多いのは事実です。

特に、高齢の社員は退職代行に反対します。

とはいえ、このケースも会社から電話がかかってくることはないでしょう。

退職代行に関する相談を受けることがありますが、退職代行を喜んで利用している人はいません。

みなさん、追い込まれて泣く泣く利用しています。

それを甘え・クズというのは酷だと思います。

合わせて読みたい

掲示板には、退職代行の利用に対する本音がたくさん書かれています。

一度読んでみてはいかがでしょうか。

思ったよりも、退職代行の利用に理解がある人が多いです。

2ch(ちゃんねる)・5ch(ちゃんねる)退職代行スレまとめ|2021年最新版

ガルちゃんの退職代行スレをまとめました|トラブル事例・鬼電も|2021年最新版

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行された側| 怒り:退職代行なんてあり得ない!けしからん!

このケースは、鬼電のリスクがあります

理性的に考えれば、本人に電話をかけてもメリットはありません。

ですが、退職代行を使われたことに対し、いやがらせとして電話を掛けることがあります。

このケースに該当しそうな上司を持っている人は、後半で解説する対策をしっかりやっておきましょう。

退職代行された側| 焦り:人で不足で回らない。あのデータどこにあるんだ!

このケースも、鬼電のリスクがあります

その日の仕事を回すために必要なデータがないと、部署全体が困ってしまう。

そうなると、なりふり構わずデータを手に入れようと頑張るはず。

このケースに該当しそうな方は、後半で解説する対策をしっかりやっておきましょう。

退職代行された側| 反発:退職代行なんて認めない!

退職代行には3種類あります。

このうちの1つ「民間業者」の退職代行は、退職処理を拒否されることがあります。

タイトル民間業者の
退職代行
労働組合の
退職代行
弁護士の
退職代行
会社への代行連絡
退職手続サポート
会社との交渉×

民間業者の退職代行は、会社との交渉事ができません。

そのため、会社から拒否されたら、その後はあなた自身が対応するしかないのです。

こうしたトラブルを回避するためには、 「労働組合」か「弁護士法人」 が運営する退職代行を選びましょう。

関連記事

退職代行業者の選び方について、こちらの記事で解説しています。

退職代行は怪しい会社が多い・ネットは会社に忖度している情報ばかり|本音で解説します!

謎:え?なんで今日会社バックレてるの?

このケースも、鬼電のリスクがあります

嘘のような本当の話ですが、
退職代行を使った事実が伝わるのが遅くなり、ただのバックレ(欠勤)と勘違いされるケースです。

特に、弁護士法人の退職代行に多いようですが、FAX送信だけで退職手続きをすますところもあります。

FAXですと、そもそも退職代行されていることに気づくのが遅くなることもあるでしょう。

退職代行が伝わらない→いつもいる時間に会社にいない→バックレ(欠勤)か?心配だから電話で確認。

当然の流れですね。

ここからは、会社から電話が来たらどうするべきか。
また、どうしたら電話が来ないようにできるかについて解説していきます。

タイミングによって対応が変わります。

  • 退職代行に依頼~退職まで
  • 退職が完了してから

上記2つに分けて解説します。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行に依頼~退職まで: 会社から電話が来ないようにする方法

まずは、会社から電話が来ないようにする予防策が大切。

退職代行を利用してから、会社から電話がかかってくるとか、
生きた心地がしないですよね。

やっておくべき策は下記の通りです。

  • 退職の意志を伝える書類を送付する
  • 引継ぎ書を送る
  • 退職代行から電話で会社に伝えてもらう
  • 退職代行に会社からの連絡を止めるよう、念入りにお願いする
  • 退職代行に、自分の案件はリスクが高いことを伝えておく
  • 退職代行と、会社から電話が来ないようにする作戦を練っておく

ご自身に関係する予防策を確認しましょう。

退職の意志を伝える書類を送付する

退職代行から電話があったとしても、本人の意志なのか?と疑問に思う人もいます。

そのため、「直筆」で退職の意志を伝える書類を会社に送るとよいでしょう。

退職代行決行日に届くよう送付します。

もちろんタイミングが多少ずれることもありますが「本人が書いた書類を送っているので、後で確認してください」と伝えるだけで、会社側も安心します。

引継ぎ書を送る

引継ぎ書をあらかじめ送っておくと確認の電話を回避できます。

最低限、データや書類の場所を伝えるだけでも効果的です。

その日の業務に必要なデータや書類がないと、血眼になって手に入れようとします。

ある場所さえわかれば、上司などが読み解いて何とかしてくれるでしょう。

逆に、ないものは聞くしかありません

そうなると電話がかかってしまいます。

退職代行から電話で会社に伝えてもらう

一般的な退職代行は電話対応になるので問題ありません。

弁護士法人において、FAXのみで退職を伝えるところがあるようなので注意が必要です。

この点は、慣習的にFAXで伝えているので、「電話で伝えてください」と依頼することでリスクは回避できます。

退職代行に会社からの連絡を止めるよう、念入りにお願いする

退職代行を使うにあたって、不安なことは細かいことでも相談しておきましょう。

退職代行といっても、客商売です。

お客さんが確認したことをやっていないと、口コミで悪くかかれたりします。

逆を言えば、お客さんが確認しないことには、退職代行も注意が緩くなってしまいます。

会社からの連絡を止めるよう強くお願いしましょう。
退職代行も失敗したくないので、会社から連絡が入らないように注意を払って対応します。

自分の案件はリスクが高いことを伝えておく

上司の気性が荒いなど、トラブルのリスクが高いことを退職代行に伝えましょう

リスクが高いと分かれば、退職代行会社の中でしっかり議論してくれたり、優秀な担当者を付けてくれる可能性が上がります。

退職代行は悪い口コミがつくと、会社の業績に影響します。

当然、自分が担当する案件でトラブルがあったら、社内で怒られてしまうでしょう。

もし逆の立場だったら、リスクが高い案件だと分かればトラブルが起きないように頑張るな。

退職代行と、会社から電話が来ないようにする作戦を練っておく

言われるがままに退職代行されると、対策が十分でない可能性もあります。

会社から電話が来ないようにする対策を、退職代行業者と話し合っておきましょう

また、万が一、会社から電話がかかってきた場合はどうするか、事前に決めておくのをおすすめします。

そうすると、会社から電話がかかってきても、落ち着いて対処することが可能です。

想定外のことが起きたら、こうする。
と決めておくだけでも、退職代行の決行日の不安を減らせます。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職代行に依頼~退職まで:会社から電話が来たらやるべきこと

会社から電話が来たらやるべきこと

万が一、会社から電話がかかってきたら下記の対応をおすすめします。

  1. 会社からの電話は切らずに放置
  2. 会社から電話があったことを、すぐ退職代行に伝える
  3. 退職代行から会社に連絡してもらう

理由を解説します。

①会社からの電話は切らずに放置

ネットには、着信拒否してもいいと書いてある記事が多いですが絶対ダメです。

同様に、会社からの着信を切ることも絶対ダメです。

なぜなら、「電話を受ける意志がない」と会社に伝わってしまいます。

ん?いいんじゃないの?

退職代行にではなく、本人に電話をかけている時点で「どうにかして本人に連絡を取りたい」と考えている証拠です。

どうにかして連絡を取りたい人が、本人と連絡が取れないとわかったらどうするか。

それは、関係者に電話する、です。

多くの会社では、緊急連絡先として親の電話番号を伝えているので「親に電話が行きます」。

会社からの着信を放置することで「もしかしたら、タイミングが悪くて電話に出ないだけかも?」と時間稼ぎができます

電話に出てしまうと、高圧的にいろいろ聞かれてしまい、お互いにとってメリットがありません。電話に出るもの絶対ダメです。

②会社から電話があったことを、すぐ退職代行に伝える

①で時間稼ぎをしている間に、退職代行へ連絡しましょう。

ここは、会社側が連絡つかないと気づいて親に電話をかけるまでの時間との勝負です。

さすがに大丈夫だとは思いますが、半端ない鬼電に備えて、退職代行と電話以外で連絡を取る手段も準備してもいいかもしれませんね。

③退職代行から会社に連絡してもらう

退職代行と通して電話の要件を聞いてもらいます。

合わせて、あなたへの電話連絡を辞めるように再度通告してもらいます。

①②③をやることで、会社に対して「退職代行を通じて連絡を取れば、あなたと情報共有できる」と認識させることができます。

ここまでできれば、会社はあなたに直接連絡をとろうと頑張るメリットがなくなりますので、安心です。

続いて、「退職が完了してから」会社から電話がくるパターンについて解説します。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職が完了してから: 会社から電話が来ないようにする方法

会社から電話が来ないようにする方法

退職完了後に連絡がくるのはレアケースですが、下記の対応をしてリスクを下げましょう。

  • 引継ぎ書を丁寧につくる
  • 着信拒否設定する

引継ぎ書を丁寧につくる

電話がくるとすると「仕事で必要なデータや書類が見つからない」パターンです。

あれがない、これがないとならないように、最低限場所だけでも伝えておきましょう。

着信拒否設定する

さっき着信拒否はダメって言ってなかった?

退職代行決行日の着信拒否はNGです。
退職完了後は着信拒否でOK。

退職が完了してからは、いわゆる「ほとぼりが冷めている」状態です。

気性の荒い上司も一通りのことが終わって、退職は過去のことになっています。

そのため、着信拒否になっていても「しょうがないな」という反応になるので安心してください。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

退職が完了してから:会社から電話が来たらやるべきこと

会社から電話が来たらやるべきこと

ほとんどないとは思いますが、万が一会社から電話が来たら下記の対応をしましょう

  • 着信拒否する
  • 退職代行に相談
  • 弁護士に相談

着信拒否する

基本的には、着信拒否で対応しましょう。

もはや、退職した後は赤の他人です。

電話が来ても、出ないようにしましょう。
出るとトラブルのもとになります。

退職代行に相談する

第三者を挟んで会社とはやり取りしましょう。

退職代行が、退職後も対応してくれるようなら相談してみるとよいです。

弁護士に相談する

あまりに電話連絡がひどいようであれば、弁護士に相談を考えてみてください。

無料相談をやっているところもありますので、活用ください。

\忖度(そんたく)してません/

/質の悪い退職代行はトラブルの元です\

辞めた会社に電話連絡したくなったら?

辞めた会社に電話連絡したくなったら

やばい、退職代行頼んで辞めたけど、会社に確認したいことがあった。。。

必要な書類が来なかったり、こちらから確認が必要な時は、下記の対応をしましょう。

  • 退職代行を通じて連絡してもらう
  • 郵便等で事務的なやり取りをする

退職代行を通じて連絡してもらう

直接連絡を取るのは、こちらとしても、会社としても気まずいでしょう。

第三者に間に入ってもらうのが良いです。

郵便等で事務的なやり取りをする

郵便等で対応するのが一般的になっています。

退職代行後の事例を見ても、郵便等で済ましている人が多いです。

\忖度してないので、ほんとに参考にしてほしいです/

【まとめ】退職代行利用後に会社から電話がかかってきたら着信拒否しちゃダメ

まとめ
  • 会社からの電話を着信拒否すると、親に連絡が行く可能性があるのでやってはダメ。
  • 会社から電話が来たら、次の3stepが正解
    step.1:着信は切らずに放置
    step.2:すぐに退職代行に伝える
    step.3:退職代行から会社に連絡してもらう
関連記事

退職代行は、トラブルのリスクを下げるために業者選びが重要です。

こちらの記事を活用してください。

退職代行は怪しい会社が多い・ネットは会社に忖度している情報ばかり|本音で解説します!

◆退職を考えている方へ◆
金銭的な不安を抱えている人も多いかと思います。
日本は補償が手厚いですが、申請しないともらえずに損してしまいます

こちらの記事を一読ください。
会社を辞める前に知るべき給付金の話-日本人の47%しか知らない制度

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次