退職代行15社の比較|会社に忖度(そんたく)せず本音で解説!ここをクリック!

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびを徹底比較!どちらを選ぶべき?

【退職代行ガーディアン】か【弁護士法人みやび】どっちを選べばいいかな。

こんな悩みを解決します。

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびは、実績・評判ともに良い会社。

どちらを選択しても安心して退職できます

ただし、「人によって、どちらに依頼すべきか違う」ので注意が必要。

なんとなく弁護士が安心かなって思うんだよね。
でもサービス料金が高いから悩む。

どちらを利用するべきか、判断できる情報を整理整頓しました。

森山 拓
森山 拓

著者 森山 拓 (@kaisyakiraiyo)

メンタル疾患(適応障害)で会社員を離脱

退職代行業者に忖度(そんたく)しない情報発信を心がけています

退職代行の記事監修添削も対応いたします

本サイトは、メンタル疾患で十分な作業時間を取れない中、妻と協力しながら、読者がトラブルに遭わないために心を込めて書いたものです。利用者に直接聞いたり、退職代行に問い合わせたり、情報の信頼性にも こだわっています。記事の無断転載は、お控えください。

目次

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびの比較一覧表

退職代行ガーディアン弁護士法人みやび
運営元/実施会社法適合の 労働組合 弁護士
設立年度1999年2009年
サービス料金29,800円55,000円
追加料金なし退職金請求など回収額20%
会社への代行連絡 可能 可能
退職手続サポート 可能 可能
会社との交渉 可能 可能
有給休暇の消化交渉 可能 可能
退職金の取得交渉 可能 可能
ボーナスの取得交渉 可能 可能
未払い残業代の取得交渉 可能 可能
退職関連書類の取得交渉 可能 可能
親・本人への連絡禁止の指示 可能 可能
給与手渡しの拒否と振込の要求 可能 可能
退職後のサポート退職代行日以降も3カ月間サポート確認中
会社に対する抑制力 団体交渉・web街宣活動が抑制力弁護士資格が抑制力
訴訟になった際の代理人顧問弁護士が対応(別料金)対応可能(別料金)
公務員の退職できない対応可能
業務委託契約の解約交渉できない対応可能
口コミ総じて良い総じて良い
企業リンク\無料相談できます/
退職代行ガーディアンHP
\無料相談できます/
弁護士法人みやびHP

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびどちらを選ぶべきか

弁護士法人みやびは、公務員の退職や業務委託契約の解約交渉など、広い範囲で退職代行が可能です。

ただし、料金が55,00円+退職金請求など回収額20%と高額。

特殊な勤務体系でない限り、法適合の労働組合が運営する退職代行ガーディアンを選ぶべきでしょう。

もう少し具体的な基準は以下の通り。

弁護士法人みやび】に依頼するべき人

・お金は出す(10-20万)ので、とにかく安心したい
・業務委託契約の契約解消したい
・公務員

退職代行ガーディアン】に依頼するべき人

・「弁護士に依頼するべき人」に該当しない人全部
・業務委託契約で労働者性が高い(要相談)
・準公務員

退職代行ガーディアンを知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。
退職代行ガーディアンを徹底解説!|評判・口コミ・メリット・デメリットも解説

では、比較していきます。

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびの運営会社比較

退職代行ガーディアン弁護士法人みやび
社名東京労働経済組合(略称:TRK)弁護士法人みやび
設立年1999年2009年
代表長谷川 義人佐藤 秀樹
事業内容労働条件・職場環境の維持改善など企業法務全般、訴訟等の裁判業務など
所在地東京都北区王子4-24-11 IKビル501東京都中央区銀座7-13-8 第二丸高ビル4階
電話番号03-6903-327803-6264-6671
参照:東京労働経済組合(TRK) HP弁護士法人みやび退職代行HP

退職代行ガーディアンの運営会社

参照元: 東京労働経済組合(TRK) HP

東京労働経済組合とは、1999年に設立された「労働組合」です。

労働組合は、大まかに言えば「あらゆる労働者の救済を目的とする非営利の団体

労働組合は「労働者が主体となって自主的に労働条件の維持・改善や経済的地位の向上を目的として組織する団体」、すなわち、労働者が団結して、賃金や労働時間などの労働条件の改善を図るためにつくる団体です。

引用元:労働組合 / 労働委員会 |厚生労働省 (mhlw.go.jp)

非営利団体かぁ、なんか怪しげ。

私もそう思い調べたところ、想像以上にしっかりしたところでした。

東京労働経済組合は、行政委員会から認証されている法適合の労働組合

しかも、行政委員のうち日本最高レベルにある「東京都労働委員会」からの認証で、信用できます。

委員会は、労働組合の法人登記等の際に、申請した組合が自主的な労働組合といえるかどうか、及び、民主的な労働組合に必要な規約を備えているかどうかの2点を証明する

引用元:東京都労働委員会 (tokyo.lg.jp)

東京労働経済組合は、労働問題の改善活動を続けています。

  • ハラスメント
  • リストラ・不当解雇
  • 賃金問題
  • 強制的な配転(転勤)や左遷と思われる理不尽な出向・転籍
  • 辞めたいのに辞められない(職業選択の自由)
  • 仕事や職場環境での過度なストレスによるメンタル面での対策

労働問題の対応の一つとして、退職代行業をやっているんです。

・行政委員会から認証されている法適合の労働組合
・非営利団体の運営のため、収益よりも労働者の救済を重視

弁護士法人みやびの運営会社

弁護士法人みやびでは、幅広く弁護士業務をやっています。

  • 企業法務全般
  • 訴訟等の裁判業務
  • 顧問業務
  • コンサルティングなどの相談業務
  • 一般民事事件などの個人向け業務

弁護士法人みやびの公式HPはこちら →  弁護士法人みやび HP

参照元: 弁護士法人みやび HP

代表の弁護士は佐藤秀樹さん。

  • 平成15年に司法試験合格後、片岡法律事務所入所
  • 平成19年から慶應義塾大学法学研究所講師
  • 平成21年に汐留パートナーズ法律事務所(現在の弁護士法人みやび)を開設

もちろん代表弁護士さんは他の業務があるので、実働は他の弁護士さんの可能性が高いでしょう。

どちらも、信頼できる運営元と言える。

弁護士と労働組合の違いが、もやっとするんだよね。

違いは、サービス内容にあります。

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびのサービス内容比較

退職代行ガーディアン弁護士法人みやび
サービス料金29,800円55,000円
追加料金なし退職金請求など回収額20%
退職後のサポート 退職代行日以降も3カ月間サポート 対応可能
会社への代行連絡 可能 可能
退職手続サポート 可能 可能
会社との交渉 可能 可能
有給休暇の消化交渉 可能 可能
退職金の取得交渉 可能 可能
ボーナスの取得交渉 可能 可能
未払い残業代の取得交渉 可能 可能
退職関連書類の取得交渉 可能 可能
親・本人への連絡禁止の指示 可能 可能
給与手渡しの拒否と振込の要求 可能 可能
会社に対する抑制力 団体交渉・web街宣活動が抑制力弁護士資格が抑制力
訴訟になった際の代理人顧問弁護士に交代対応可能
公務員の退職できない対応可能
業務委託契約の解約交渉できない対応可能

違いは「サービス料金」と「業務範囲」の2つ。

それぞれ解説します。

サービス料金の比較表

退職代行ガーディアン弁護士法人みやび
サービス料金29,800円55,000円
追加料金なし退職金請求など回収額20%
退職後のサポート 退職代行日以降も3カ月間サポート 対応可能

弁護士は高額になります。

退職代行ガーディアンのサービス料金

29,800円で、すべて完了。

また、退職完了後も追加料金なくサポートしてくれます。

退職代行日以降も3カ月間は組合員資格を有する形になりますのであらゆる労働問題についてサポートします。もちろん離職票などの退職後の書類も請求可能です。

引用元:退職代行ガーディアン個別問い合わせの回答

弁護士法人みやびのサービス料金

基本料金55,000円+オプション代(退職金など回収額の20%)。

例えば、有給20日+退職金100万の場合。

5万5千円+(1万円×20日+100万円)×20%で約30万円

残有休や退職金がない場合は、弁護士もアリかも。

弁護士の料金は高額

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびの業務範囲の比較

違いのみを抜粋しました。

退職代行ガーディアン弁護士法人みやび
会社に対する抑制力団体交渉・web街宣活動が抑制力弁護士資格が抑制力
訴訟になった際の代理人顧問弁護士に交代(別料金)対応可能(別料金)
公務員の退職できない対応可能
業務委託契約の解約交渉できない対応可能

それぞれ解説します。

会社に対する抑制力

退職代行の連絡が「どこからくるか」によって、会社に伝わる抑止力が変わります。

無名の代行業者から連絡がくると「あんた誰?」となる。

一方で、社会的な権力をもつ「弁護士」「労働組合」から連絡が来たら、会社側も悪さをできません。

今回比較している2社は、どちらも抑止力が大きい。

もちろん、弁護士は社会的な権力があります。

同様に、労働組合も「 団体交渉・web街宣活動」という権利を持つため、弁護士同等のプレッシャーが与えられます。

ちなみに、抑止力がないのは「民間業者」の退職代行。

そもそも民間業者は、会社と交渉する権利がないためトラブルが起きやすいです。

こちらの記事で、退職代行の種類による違いを簡単にまとめています。
退職代行の基礎知識

退職代行ガーディアン・弁護士法人みやび、どちらも会社への抑止力は強い。

訴訟になった場合の代理人

弁護士法人みやびは、訴訟になっても対応ができます。

ただし、訴訟の対応は別料金。

退職代行ガーディアンは、労働組合として訴訟の対応はできません。

ただし、顧問弁護士がいるため紹介いただくことが可能。

そのため、弁護士と比べてデメリットになることはないでしょう。

訴訟は気にしてもしょうがないです。万が一の時は、そのとき弁護士さんに相談。

そうはいっても、なんか不安だよ

不安な人は、退職代行に直接相談してみましょう。

実例を数多く把握しているので、リスクを見積もってくれますよ。

どちらも無料でLINE相談できます。

公務員の退職対応

弁護士法人みやびは、対応可能。

一方で、退職代行ガーディアンは対応できません。

理由は、公務員には団結権が認められていないため、労働組合で対応できないから。

※ただし、準公務員はみなし公務員のため、労働組合でも対応可能。

公務員の退職代行は、弁護士法人だけが対応可能。

業務委託契約の解約交渉

弁護士法人みやびは、対応可能。

一方で、【退職代行ガーディアン】は対応できません。

そもそも、業務委託契約の場合「労働者ではない扱い」のため、労働組合では対応不可となります。

ただし、下記のとおり「労働者性が強いと判断できる場合」には労働組合でも対応可能。

  • 指揮監督の元で
  • 日給か月給制か など

あなたが該当しているかは、直接問い合わせる方が安心でしょう。

\無料相談で直接聞いてみよう/

業務委託契約の契約解消は、基本は弁護士対応。

【Point】
・弁護士は料金がかなり高額
・公務員の退職代行は、弁護士法人だけが対応可能。
・業務委託契約の契約解消は、基本は弁護士対応。

公務員や業務委託契約以外であれば、退職代行ガーディアンがおススメです。

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびの口コミ比較

口コミは、どこから情報収集するかが重要です。

今回、下記の情報源からステマ(いわゆる、やらせ)とみられる情報を除き、調査しました。

タイトル会社HPtwitter2ちゃんねる
5ちゃんねる
本音レベルポジティブ情報のみ本音の率が高い怖いぐらい本音
信頼性嘘の記載はできない回答者による盛っている可能性あり
お役立ち度ポジティブ情報は
参考になる
参考になるネガティブ情報は
参考になる

基本的に、退職代行でのトラブル自体は少ないです。

そんな中でも、どちらがより「リスクが低いのか」という視点で比較するため、主にネガティブ情報を取り上げています。

退職代行ガーディアンの口コミ

事務的だったとの記載もありますが、トラブルはなさそうです。

Q:職代行ガーディアンを利用しても大丈夫でしょうか?トラブルなくスムーズに辞められますか? 未払いの残業代やども払ってもらえますか?

A:私のおすすめは、自分が利用した退職代行ガーディアンです。 退職代行ガーディアンを利用して会社を退職する際は、会社や上司への連絡は不要でした。 退職の連絡・交渉だけでなく、退職届の提出や貸与物の返却すらも代行してくれるので会社に顔を出す必要もありませんでした。

※全文は下記引用元を参照ください。

引用元:退職代行ガーディアンを利用しても大丈夫でしょうか?トラブルなくスムーズに辞… – Yahoo!知恵袋

誹謗中傷が多く書かれる「2ちゃんねる・5ちゃんねる」では退職代行ガーディアンについて記載はありませんでした。

トラブルが少ないことが、うかがえます。

弁護士法人みやびの口コミ

ネガティブな口コミはなく、おすすめしているツイートがありました。

利用した方の経験談を、TwitterのDMでいただきました。

ご協力感謝いたします。

利用者の実際のコメント

体験談など、ご協力いただける方は、ブログへのコメント・問い合わせ、TwitterのDM(森山 拓)お待ちしています。

どちらも、しっかりした運営元であり、評判もとても良いです。

どちらを選んでも、安心して退職を進められるでしょう。

【まとめ】退職代行ガーディアンと弁護士法人みやび|どちらを選ぶべき?

退職代行ガーディアンと弁護士法人みやびどちらを選ぶべきか

弁護士法人みやびは、公務員の退職や業務委託契約の解約交渉など、広い範囲で退職代行が可能です。

ただし、料金が55,00円+退職金請求など回収額20%と高額。

特殊な勤務体系でない限り、法適合の労働組合が運営する退職代行ガーディアンを選ぶべきでしょう。

弁護士法人みやび】に依頼するべき人

・お金は出す(10-20万)ので、とにかく安心したい
・業務委託契約の契約解消したい
・公務員

退職代行ガーディアン】に依頼するべき人

・「弁護士に依頼するべき人」に該当しない人全部
・業務委託契約で労働者性が高い(要相談)
・準公務員

退職代行ガーディアンを知りたい人は、こちらの記事も参考にしてください。
退職代行ガーディアンを徹底解説!|評判・口コミ・メリット・デメリットも解説

LINE相談までは無料でできるので、まずは下記観点で確認してみるのがおススメ。

  • 自分の退職が問題なく進められそうか
  • 退職代行からのLINEの返信を見て、信用できそうか

LINE相談をしてみて、実際に契約するか考えてみましょう。

もしも合わなかったら、LINEをブロックして他を探すでもよいと思います。

【補足】退職代行に頼むときに注意すること

最後に、退職代行を利用してトラブルなく退職するためにやるべきリストをお伝えします。

退職代行との相談~退職決行日までありますので、本記事をブックマークをしておくと便利ですよ!

退職代行との契約前

  • LINEのやり取りで、信頼できそうか判断する
  • 担当者が合わないと思ったら、変えてもらうor 別の会社に変える
  • 慎重派の人は、候補2つの会社にLINE相談してから決める

代行会社さんには申し訳ないですが、一期一会なので
合わなそうならサクッと断りましょう。
「やっぱりごめんなさい+ブロック」でいいと思います。

退職代行決行日までの相談

  • 不安なことがなくなるまで質問し続ける
  • 会社から親とあなたに連絡がこないようにお願いする
  • トラブルになりそうな点は伝えておく
  • 退職代行の決行時間帯を聞いておく
  • 退職代行の決行日の連絡手段を決めておく(LINE or 電話)
  • 退職代行を使わざるを得なかった理由を、会社に伝えてもらう(と、本人や親に電話が行きにくくなります)

退職代行決行日

一番怖いのは、会社から親に連絡が行ってしまうことです。

下記対応をしておきましょう。

  • 万が一、会社から電話がかかってきたら、電話は切らず放置
  • 電話がかかってきたことを代行業者に即座に連絡
  • 代行業者から会社に連絡を入れてもらう

ほかの退職代行との比較も記事にしています。
・労働組合同士の比較:退職代行ガーディアンとSARABA(サラバ)どちらを選ぶべき?
・労働組合同士の比較 :退職代行ガーディアンとJobsどちらを選ぶべき?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次